人民元とは? 人民元(中国元)の為替レートと切り上げ狙いでFX投資

人民元とは?

人民元」を知っていますか?
この「人民元」とは、「じんみんげん」と読み、中華人民共和国の通貨単位を表しています。

北京オリンピック開催や上海万博を控えた中国は、何かと国際的に話題となっています。その中国で流通している通貨単位がこの人民元です。

中国語でではこの人民元を「Renmenbi」と発音表記することから、その頭文字をとり、「RMB」とも表記されてます。

一方、世界共通の通貨記号は「CNY」と表記されています。

この人民元は、通貨バスケット制のため、ほぼ固定レートで、1元約16円です。あまり為替変動がないというのが特徴です。

また、人民元はFXで注目を集めている通貨でもあります。それは、人民元が一度2005年に行われた切り上げが、再び近い将来行われるのではないかと考えられているからです。

そのため、多くの投資家が人民元の動向に注目しているのです。

中国人民元とは?

2008年の北京オリンピックが真っ最中の今。

その中国の通貨は、「人民元(じんみんげん)」といわれるものです。この中国人民元は、中国語読みで「Renmenbi」と発音表記されるためその略語「RMB」とも表記されることがありますが、通貨記号は「CNY」と表記されます。

中国人民元は、FXでも注目を集めている通貨の一つです。その理由は、中国人民元がまた近い将来切り上げされるのではないかと考えられているからです。

中国人民元は2005年に通貨バスケットによる管理フロート制を導入し、それによって事実上、切り上げが行われました。

ですから、中国人民元は為替変動がほとんどなく、ほぼ固定レートとなっています。1元が約16円程度です。

FXでこの中国人民元をとりあつかっている業者は多くはありませんが、人民元/円取引も可能な業者もあります。

人民元とは?

よくテレビで聴く人民元とは一体何のことなのでしょうか?

人民元とは、中華人民共和国の通貨の名称で「人民幣(Renminbi/略称RMB)」と呼ばれています。

中国で流通している通貨は人民元での単位「元」でそれに角や分などもあります。
1元が10角、1角が10分という単位となります。

この人民元が中国経済の高度成長によって切り上げられるという話がよくニュースで出てきます。これが今、人民元に注目する理由なのです。

つまりどういうことかというと、国の価値よりも割安と考えられている人民元を切り上げて1ドル単位での元高にせよ!という米国の圧力によって元自体の通貨価値が上がることを意味します。

その為にこの元を保有しているだけで対ドルにおいて価値が上がっていくことになります。これが人民元の投資する意味であり、この通貨を取り上げて研究していく価値ともいえると思います。

こんな人民元を投資対象として考えてみては如何でしょうか?