人民元の通貨は? 人民元(中国元)の為替レートと切り上げ狙いでFX投資

中国ドルとは?

中国の通貨単位といえば、人民元ですが、この人民元は、人民元、中国ドルとも言われることがあります。

中国ドルはその中国語の発音表記の頭文字をとり、「RMB」、また、世界共通の正式な通貨記号として「CNY」としても表記されており、今注目されている通貨の一つです。

今の為替レートは円高ドル安傾向にありますが、この中国ドルも、ほぼ固定レートなのですが、ドルと連動している為、元高傾向にあります。

ですから、FXをはじめ、為替取引を始めるには今は最適の時期といえると思います。
今まで為替やFXに興味がなかった人も、これを機に、為替での投資を始める人もすくなくありません。

そしてこの中国ドルがFXで注目度の高い通貨の一つとしてあげられる理由は、近い将来また元の切り上げが行われるのではないかと考えられているからです。

FXでは中国ドルの取り扱いは多くはありませんが、円での取引も可能です。

中国通貨の人民元

北京オリンピックたけなわの中国ですが、実は注目を集めているのは中国通貨の人民元も同じです。

為替取引をする人には特に今、中国通貨である人民元は注目を集めている通貨の一つです。

中国通貨の人民元は、「じんみんげん」と発音され、その発音表記が中国語で「Renmenbi」というところからその頭文字をとって「RMB」とも表記されています。しかし通貨記号では「CNY」と表記しています。

その中国通貨人民元が注目を集めている最大の理由は、人民元の切り上げの可能性が高いからです。

中国通貨である人民元は2005年に一度切り上げされましたが、またその切り上げが近い将来行われるのではないかと多くの投資家が考えているのです。

人民元で為替取引をするならば、FXがお勧めです。FXならば小額から始められ、小さな金額から大きな取引をすることもできます。また、FXでは人民元/円取引も可能です。

外国為替と人民元

円高の今、外国為替に今まで興味がなかった人も興味がわいてきたと思います。

滅多にない円高の時期は多少落ち着きを取り戻し、少し円安傾向となってきましたが、まだまだ円高の時期であるといえます。

こういった時期こそ、外貨が安く購入できるチャンスです。

外国為替で代表的なものは銀行の外貨定期預金ですが、お勧めはFXです。

FXは外国為替信用取引といわれ、少ない元手で大きな取引が可能であるという点から注目を集めています。

つまり、このFX(外国為替信用取引)では、小額でも外国為替を始められるのです。

そしてそのFXで話題を集めている通貨の一つが人民元です。

人民元は通貨バスケット制を採用している為、ほぼ固定レートです。1人民元は約16円です。

人民元が話題を集めている一番大きな理由は、人民元の切り上げの可能性が高いからです。そしてその時期が近い将来だと考えられているからです。

人民元FXと金利

FXにでてくるスワップ金利。このスワップ金利とは、通貨間の金利差のことで、金利の低い通貨から金利の高い通貨を購入した際に生じる金利差を毎日受け取ることができるという仕組みです。

しかし、反対の取引の場合は支払わなければなりません。

また、人民元/円のように、金利人民元の方が円よりも高いのですが、売りも買いもスワップ金利を支払わなければならないこともあります。

これは、人民元が中国政府の政策により、通貨を海外に持ち出せないため、ロールオーバーコストが大きくなり、売りも買いもマイナスになるのです。

ですから、取引をする際はスワップ金利一覧などで確認することが必要です。

そのスワップ金利を支払わなければならない人民元ですが、この人民元は人気が上昇している通貨の一つです。

なぜなら、また近い将来に人民元の切り上げがあるのではないかと考えられているからです。

中国の通貨、人民元

FXで取引をすると、さまざまな通貨があります。
そして、そのたくさんある通貨の中で注目されている通貨が、人民元です。

人民元は、2008年8月に北京オリンピックが開催される中国の通貨単位です。通貨記号は、「CNY」と表記されます。

人民元は、固定レートですから、為替変動がほとんどないという特徴があります。

為替の値動き不安を感じている人は、人民元はお勧めの通貨の一つといえます。また、人民元の今のレートは、1元約15.8円です。ですから、小額から取引が可能となります。そしてFXの特徴であるレバレッジをきかせれば、更に小額から取引することができます。

人民元が注目されている最大の理由は、人民元が再び切り上げされるのではないかと考えられているからです。

人民元を取扱っているFX業者は多くはありませんが、人民元/円での取引も可能です。ですから、初めてFX取引をする人にも簡単に始めることができます。

人民元の単位

2008年8月に開催される北京オリンピック。中国の通貨単位は、人民元です。

人民元の補助単位は、角、分で、1元=10角。10角=100分です。

しかし、この角、分の補助単位はほとんど使われることはないようです。

この人民元は、今、FXでも人気を集めている通貨の一つです。

なぜならば、人民元は近い将来、また切り上げされるのではないかと考えられているからです。

また、人民元は通貨バスケット制を採用していますから、為替の変動がほとんどないという特徴もあります。

FXで人民元/円取引をする場合は、大抵の業者は1万通貨単位から取引可能です。

この1万通貨単位というのは、取引をする場合、最低1万通貨の単位からはじめなければならないことを意味しています。

しかし、FXではレバレッジをきかせることができますから、証拠金がそろえば十分取引可能です。
また、人民元は約15.8円と比較的安いので、円の負担は少ないといえます。

人民元の単位は?

2008年8月に開催される北京オリンピック。中国の通貨単位は、人民元です。

人民元の補助単位は、角、分で、1元=10角。10角=100分です。しかし、この角、分の補助単位はほとんど使われることはないようです。

この人民元は、今、FXでも人気を集めている通貨の一つです。

なぜならば、人民元は近い将来、また切り上げされるのではないかと考えられているからです。

また、人民元は通貨バスケット制を採用していますから、為替の変動がほとんどないという特徴もあります。

FXで人民元/円取引をする場合は、大抵の業者は1万通貨単位から取引可能です。

この1万通貨単位というのは、取引をする場合、最低1万通貨の単位からはじめなければならないことを意味しています。

しかし、FXではレバレッジをきかせることができますから、証拠金がそろえば十分取引可能です。
また、人民元は約14.6円と比較的安いので、円の負担は少ないといえます。