その他人民元の情報は? 人民元(中国元)の為替レートと切り上げ狙いでFX投資

中国預金とは?

預金準備率というものを知っていますか?

これは、一定割合を準備金として日本銀行に預け入れることになっており、この日本銀行に預け入れる資金のことを預金準備金といい、その預金量に対する預金準備金の比率を預金準備率というのです。

この預金準備率を上げると金融機関から市中に貸し出される資金量が減り、逆に下げると市中に貸し出される資金量が増えることになります。

今、何かと話題を集めている中国ですが、その中国預金準備率は徐々に引き上げがされています。
中国預金準備率の引き上げは2008年に入り二回目です。今中国預金準備率は15.5%となっています。

中国預金準備率の引き上げ理由は、インフレ防止といわれており、中国預金準備率の引き上げ以外に方法はないとみられています。

一方、FXでも中国は注目を集めています。
それは、中国の通貨である人民元が切り上げされるのではないかと考えられているからです。

今後も、中国から目が離せない状況が続きそうです。

中国銀行って?

日本の東京、横浜、大阪にある中国銀行というものは、その中国の銀行です。

岡山市に本店を置く中国銀行もありますが混同しないように注意しなければなりません。

中国銀行は以前、唯一の外国為替専門銀行でした。

その後中国銀行は国有商業銀行に改められました。それから、中国銀行香港分行は香港とマカオでも発券業務を行うようになりました。さらに、2001年に中国銀行香港分行は別法人となり、香港証券取引所に上場を果たしています。

また、中国はFXでも話題の中心にあります。
それは、中国の通貨である人民元が切り上げされるのではないかと考えている投資家が少なくないからです。そのため、多くの投資家は人民元での取引を開始しています。

人民元は、取扱い業者は多くはありませんが、人民元/円での取引も可能です。